仮性包茎と不妊症

仮性包茎と不妊症

仮性包茎でも、セックスの際に亀頭が露出するため、不妊症に結びつく事は少ないと言われています。しかし、仮性包茎の場合でも精子が十分に届かないケースも見られるようで、不妊症があるなら一度クリニックで相談してみるのも良いでしょう。
男性の不妊症の原因には色々なものがあり、精子が作れない場合・精子があっても数が少ないケースなどが見られています。男性も高齢になれば精子がだんだんと劣化していくようで、不妊症に結びつく事も考えられます。仮性包茎だから不妊症であるケースは少なく、違う問題が隠れていることが多いためそれ程心配する必要はありません。何年も夫婦生活があり妊娠できないなら、別の原因を考えて病院で詳しい検査をしてもらう事をおススメします。
ただし、仮性包茎で早漏の場合精子が十分に届かないケースはあると言われています。膣に挿入する前に射精してしまえば、当然妊娠する事はできません。仮性包茎も早漏の原因の一つだといわれているため、早漏が非常に大きな問題となっているなら手術も検討してみて下さい。通常の早漏程度でしたら、膣内に射精が出来ていれば不妊症の原因となることはほとんどありません。不妊症対策と言うより、早漏対策として仮性包茎の手術を検討するのは一つの方法として考えてみましょう。