仮性包茎でも手術が必要なケース

仮性包茎でも手術が必要なケース

医学的に考えると仮性包茎は手術は不要ですが、問題が出る場合もあり手術を選択したほうが良い事もあります。軽度の場合は普段は皮がかぶっていても、勃起した際にはちゃんと露出するため問題がありません。しかし、重度になると仮性包茎でも皮がかぶったままの事もあり、場合によっては治療が必要となる事もあります。
自分で上手く皮をむいて清潔を保つことができるでしょうか?上手く洗うことが出来なかったり、直ぐに垢のようなものがたまってしまう場合は、仮性包茎でも手術したほうが良いでしょう。雑菌が繁殖しやすく皮膚炎を起こしたり、女性に対しても悪い印象を与えてしまいます。性病の原因にもなるため清潔を保てないなら仮性包茎でも手術を選択してください。また、不潔になる事でガンにも結びつきやすいとも言われているため、仮性包茎の方は清潔が保てているかがチェックポイントになります。
その他、早漏を治す為、勃起不全を治す為に手術を選択するケースもあります。これらの問題があるとパートナーとの間にも傷ができやすく、子供作りに支障があるなら手術を選択する事も考えてみて下さい。勃起不全も早漏も仮性包茎だけが原因ではありませんが、原因の一つと考えられています。